未分類

礼儀と作法 vol.1

私の実家はサービス業です。
なので親に子供の頃から接客というものを徹底的に仕込まれて来ました。
そのせいもあって、今ではホテルとかファミレスとかの接客をじーっと見てしまったりします。
今の言い回しはダメだとか、行動遅い!とか、粗探しをしてしまう癖が抜けません。
先日、ふと思ったことがありました。それは何かというと、「礼儀が正しいデリヘルってあるのか?」という疑問です。
これは探すのが相当苦労するのだろうなとは思っていました。色々なホームページを見て礼儀が正しい女の子を探してみましたがいい方法を思いつきました。
「高級店」というくくりで検索すると、それなりの教育された女の子が来るのではないか?そう思ったのです。

 

試しに、そもそも北上に高級なデリヘル店が存在するのか検索してみると、3店舗ほど高級店と謳ったお店を見つけることができました。
中でも「教育を徹底してます!」「お客様目線で満足させます!」というような触れ込みのお店が特に印象的でしたので、この店の女の子を呼んでみることにしたのです。
高級店というだけあって、1時間あたりの料金が普通のデリヘル店の倍近くします。
これで女の子がダメダメだったらクレームの嵐ですよね。

緊張の中、女の子がやって来たのですが、結果を先に行ってしまうと、完璧な礼儀の女の子でした。

話し方も気さくなんですが、どこか気持ちのよい喋り方で、失礼のない秘書的な話し方でした。
笑顔がとても素敵で、非の打ち所がない感じでした。すっかり気を良くした私は、一緒にお風呂に入ろうと誘いました。
我慢できずにキスをしながら洋服を脱がすと意外に彼女は巨乳の持ち主でした。
やわらくて弾力性のある肌は、ますます私を興奮させます。すでに硬くなっている私の股間に彼女も気づいたようで、優しい手つきで触ってきます。
あまり触られるといってしまいそうでしたから、そそくさとお風呂へと誘導しました。

お風呂でも興奮が止まりません。
私は立っているだけでしたが、彼女は色々な部分を丁寧に洗ってくれました。洗っている間も性感帯の事や、今まで経験した一番変態な事など、話は止まりませんでした。
彼女のした一番変態なことは、自動車教習所で教官と車の中でHした事らしいですが、それを聞いてちょっと引いてししまいました。
自動車教習所でHしたなんて話は聞いたことありませんでしたから、びっくりしましたね。
意外に大胆なんですね。

彼女は突然ここでしたいと言ってきました。
「お、お風呂で??」
と私が質問すると、首を縦に振ります。彼女はギンギンに勃った私のあそこをエロい顔で舐めてきました。
ただ吸引するだけでなく、舌をふんだんに使って気持ちが良いツボを刺激してきます。
これは最後まで持つかな・・・。と思った瞬間、彼女は私のあそこを入れてしまいました。
予想していなかった事態にひどく困惑した私は、今何が起こっているのかわからず、しばらく放心状態になってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です